驚く女性

あまり知られていませんが、職業のなかには、目が悪いと付けないものもあります。

現在は、技術の進歩によりレーシックができるようになり、一定のリスクはあるものの、視力回復に選択肢が増えています。

子供のころは体が未発達のため、レーシックを受けることはできませんが、大人になってからレーシックを受けるというのももちろん選択肢の一つです。

しかしながら、職業のなかには一部レーシックを受けてしまっては、職に付けないものもあるのです。

有名な例がパイロットですね。

レーシックを受けると、体調や天候で視力が変化しやすくなると言われているのがその理由です。

将来的な技術の進歩や法規制がどうなるかわかりませんが、お子さんのためには、いろいろな将来の選択肢を与えてあげたいですよね。

お子様の将来のためにも、子供のうちに視力を回復しておくことは、非常に大切です。

と申しますのも、仕事のなかには、視力が悪いというだけで、その仕事に就けない職業もあるのです。

ここでは、視力が関係する主な仕事紹介します。

視力が悪いとつけない主な職業

法務教官・・・裸眼視力がどちらか1眼でも0.6に満たない者は不合格
客室乗務員・・・矯正視力が1.0以上であること(コンタクト可)
自衛官・・・両眼とも裸眼視力が0.6以上。又は裸眼視力が0.1以上、矯正視力が0.8以上
警察官・・・裸眼視力が両眼とも0.6以上。又は裸眼視力が0.1以上、矯正視力が1.0以上
消防官・・・両眼で0.7以上、かつ一眼でそれぞれ0.3以上(矯正視力含む)
騎手・・・両眼とも裸眼で0.6以上
競艇選手・・・両眼とも裸眼で0.8以上(眼鏡・コンタクトは不可、レーシックは可)

 

パイロットはレーシックを受けていてはライセンスを取得できません。

女性2

子供の将来のためにも子供のうちに視力回復はしておいた方がよいでしょう。

目が良いか、悪いかでも子供の将来は変わります。

子供の視力回復に関する目次ページ