女性1

視力回復法にはレーシックと視力回復法(トレーニング)があります。
どんなひとがそれぞれ合うのか、まとめてみました。

視力回復には主な方法は2つです。

一つは、視力回復トレーニング

もう一つはレーシックです。

しかし、そもそも視力回復ができるか不安な人も多いと思います。

どんな人に視力回復法の効果があるのか、ないのかをお話します。

視力回復法が期待できない人にはレーシックがおすすめです。

子供の近視は回復しやすいです。

近視について言えば、子供はトレーニングの効果が非常に期待出来ます。

子供のころはそもそも遠視気味ですから、少し近視に進むのは正常です。

しかし、勉強やゲームなどの目の酷使で一時的に視力が下がってしまうこともあります。(これは大人でも同じ。)

そこで、多くの人は慌ててメガネを掛けることになるのですが、ここはちょっとまって欲しいです。

成長期の子供がメガネをかけるとどうなるのか?

子供の目はメガネに合わせて成長してしまいます。

つまり、ただしい視力で目が成長するはずはなく、近視は進む一方です。

ですから、子供が近視になったと思われる場合はまずはメガネをかけるのではなくて、視力回復のトレーニングをして下さい。

幸い、子供の場合は自動車に乗るわけでもないので、少々近視になったからといって直ちに生活に支障が出るわけではありません。

そして、トレーニングで回復させてみて下さい。

必ず効果はあります。

もし、心配な人は返金保証付きのサービスを活用下さい。

子供の頃は目がよかったけれども大人になってから、急に近視が進んだ人。

子供の頃目が良かったけれど急に近視が進んだ人は一過性のものである可能性があります。

いわゆる仮性近視とか偽近視と言われる状態です。

簡単にいうと目が疲れてるだけです。

トレーニングをすれば短期間でもとに戻す事が可能です。

レーシックで視力を戻したけれども、また視力が下がってきた人も視力回復法はおすすめです。

視力は回復します。

子供のころからずっとメガネをかけている人

供のころからずっとメガネをかけている人はトレーニングで治すのは難しいので、レーシックをすることをおすすめします。

トレーニングで治った人もいますが、レーシックの方が確実に視力が戻ります。

女性2

レーシックを受ける場合も、施術前に検査を受けることができます。

まれに受けることができない人もいますので、クリニックに相談しましょう。