子供のコンタクトレンズは何歳からできる?

まとめてみました。

特に何歳からと決まっているわけではありませんが、装着やメンテナンス含めても自己管理ができるようになってからがおすすめです。

「装着するときは手をキレイにあらう」、「寝る前にははずす」、などと行った基本動作が自分でできるようになってから使用するようにしましょう。

「使用することの自己責任」が自分で取れない間はおすすめできません。

1.視力回復法を実践してみたか

子供の視力低下は治ることが多いです。

まずは、視力回復法の実践をおすすめします。

2.メガネをもっていること

視力回復が万一合わなかった場合はまずはメガネを使いましょう。

コンタクトがあればメガネが不要ということはありません。

コンタクトは目にトラブルがある場合はつけられませんし、常に装着しておくことはできないからです。

3.保護者もコンタクトの指導ができること

保護者もコンタクトの取扱の指導ができることです。

保護者がずっとメガネの人や、目が良かった人はコンタクトの注意点や使い方がわからないでしょうから、管理ができないのでおすすめしません。

4.定期検査に行けて保護者も付き添えること

定期検査にきちっと行けて、親も付き添えることも条件です。

子供の視力は変化しますので、定期的な健診が必要です。