北斗が如くをクリアしたので、レビュー。

ちなみにサブミッションは45%

感想

ストーリーは序盤のシンにユリアをさらわれるところを除けば、
オリジナルメインで進んで、そこに原作キャラが絡んでくる感じです。

たぶん次回作つくるような気がします。

あと、原作を知らないと、原作のキャラの設定がよくわからないままストーリーがすすむこともあるかも。

■ゲームとしては

メインストーリーはボリューム短め、まっすぐいえば10~15時間位でクリア可能でしょう。

全体としては面白いです。

でも、いろいろ実験的な作品であることも感じます。

まず、難易度が高め。

従来の龍が如くのハードがノーマルくらい。

ノーマルの場合とにかく、敵が硬い、防ぐ、避ける、攻撃的とかなりつよい。

爽快感を味わいたいならイージー推奨。

■バトルまわりの面白い所

ケンシロウなりきりプレイ

原作ファンならケンシロウになりきれるので、面白いと思います。

ただ、バトルとしては龍が如くと比べると、テンポがわるく過大も多し、次回作に期待

■バトルの課題

・秘孔アクション

今作のポイント。

でも、正直、次回作ではいろいろ改善してほしい点多数。

1.秘孔を押している時は無防備。とくに今作、火炎放射器とボウガンが非常につよく、おまけに前述の通り、敵が非常に攻撃的なので、乱戦時には使いにくい。

2.ボスにはほとんど聞かない(ノーマル)少なくともノーマルだとボスにはほとんど秘孔をつく好きがないので、結局、回復アイテムいっぱいよういしての単なる殴り合いに。

・敵の飛び道具が強い。

正直、ボウガン、火炎放射器は凶悪。

HPの1/5くらいもっていかれることも。

・回復手段の少なさ

今作、龍が如くにくらべると回復手段が非常に少なく、ダンジョンにも落ちてません。
また、完全回復のアイテムは入手困難なため、回復アイテムがつきがち。

・追い打ちがほとんどできない

倒れた敵への追い打ち手段が非常に限られているので、敵が倒れると、実質無敵に近くなり、これが戦闘のテンポを非常に悪くしています。
手軽に打てる「追い打ちの極み」的なものがあったり、ケンシロウらしくはないが、バイクでぶん殴れていれば変わっていたかも。

・カウンター技の少なさ

ケンシロウらしくはないですが、虎落とし的な技がないので、結局殴りあいに。
受け流しはあるが、入力がかなりシビア。

・スウェイが短い。

スウェイが非常に短くつかいにくい。

・秘孔までのコンボが繋がりにくい

秘孔アクションの振りが大きく、秘孔までのコンボが繋がりにくいので、これもテンポが悪い原因。

深くは書きませんが、原作キャラはジャギ以外とは全然決着がついていないので、普通に2をやるような気がします。