レーシックの種類
レーシックの種類についてまとめました。

レーシックには以下の種類があります。

矯正方法 フラップの有無 前処理 術式名
エキシマレーザーを使用する フラップを作成する マイクロケラトーム レーシック
イントラレーザー イントラレーシック
フラップを作成しない エピケラトーム エピレーシック
エピPRK
金属ブラシ金属ヘラエキシマレーザー PRK
アルコール溶液 ラセック
エキシマレーザーを使用しない 有水晶体眼内レンズ・角膜内リング・RK(放射状角膜切開)

しかし、どの施術にするかは、値段で決めるものではありません。

体質などで決めるものですから、医師と相談して決定します。

レーシック

マイクロケラトームを使ってフラップをつくる方法を指します。

マイクロケラトームとはフラップ作成のための手術用の精密機械の名前です。

精度が非常に高く、角膜への負担が少なく痛みも少なく、回復も早いです。

レーシックのメリット

角膜への負担や痛みが少ない
回復が早い
フラップ跡が目立たない
イントラレーザーに比べると手術時間が短い

レーシックのデメリット

医師の技量に左右される
医師の技量が未熟だと、フラップが完全角膜から外れてしまうフリーフラップなどの形成不全が起こりうる
イントラレーザーと比べるとフラップの厚みに幅がある
手術機器が直接角膜内部に接触するので、感染防止対策が必要。

実際に起こった事件:レーシック手術集団感染事件で銀座眼科医師に実刑判決

イントラレーシック

イントラレーザーをつかってフラップをつくりエキシマレーザーを照射する方法。

マイクロケラトームより薄いフラップの形成が可能で現在の主流。

イントラレーシックのメリット

コンピューター制御で医師の技量に関係なく、一定レベルのスラップ形成が可能
フラップの跡のしわやズレも起きにくい
角膜内部に直接接触しないため感染症のリスクがない

イントラレーシックのデメリット

レーザーで焼き切るので若干の痛みがある
マイクロケラトームより回復が遅い
びまん性層間角膜炎やびまん性表層角膜炎のリスクがあがった
毛様体や虹彩にダメージを与えることがある

1びまん性層間角膜炎

黒目(くろめ)の表面の角膜は、目を守るため非常に知覚が敏感です。この角膜の表面の上皮(じょうひ)と呼ばれる部分に浅い傷ができた状態を、びまん性表層角膜炎といいます・・・(中略)[治療]原因となる疾患などを取り除きます。したがって、原因により治療薬が異なります。膜保護剤や感染予防のための抗生物質の点眼が行なわれます。原因さえ十分に取り除くことができれば、数日で治癒(ちゆ)するのがふつうです。

びまん性表層角膜炎

黒目(くろめ)の表面の角膜は、目を守るため非常に知覚が敏感です。この角膜の表面の上皮(じょうひ)と呼ばれる部分に浅い傷ができた状態を、びまん性表層角膜炎といいます。(中略)[治療]  原因となる疾患などを取り除きます。したがって、原因により治療薬が異なります。原因療法のほか、角膜保護剤や感染予防のための抗生物質の点眼が行なわれます。原因さえ十分に取り除くことができれば、数日で治癒(ちゆ)するのがふつうです。

PRK

フラップを作らず直接エキシマレーザーを照射します。
術後は保護用のコンタクトレンズを装着し、角膜上皮の再生を待ちます。
回復までに多少の傷みがあります。
角膜が薄い人向きです。

エピレーシック

専用の機器で角膜上皮とのボーマン膜の一部を削りとって、ごく薄いフラップをつくつ術式です。
角膜が薄い人向きです。

ラセック

アルコール溶液を点滴し、角膜上皮を剥離してエキシマレーザーを照射します。
PRKの一種で角膜の薄い人向きです。

女性2

しかし、繰り返しですが、どの施術にするかは、値段や好みで決めるものではありません。
医師と相談の上、自分の体質にあったものを選択する必要があります。

レーシックに関するトップページはこちら:レーシックに関する情報、HOW TO