田中謹也先生の子供の視力回復法を紹介します。

管理人も実際に購入して、使ってみたことがあるのでその中身を紹介します。

田中謹也先生の子供の視力回復法
詳細はこちら

マニュアルの中身

マニュアルの中身は以下のとおりです。

・冊子
・トレーニングシート、チェック表
・ブロックストリングス
・CD-ROM

内容的には販売サイトの通りです。

ブロックストリングス
ブロックストリングス

冊子
冊子

CD-ROM
CD-ROM

効果はあった?

私の場合、効果はありました。

0.7くらいの視力が1.2ほどに回復しました。

ただし、私の場合は子供のころに近視になって、かなり視力が下がってしまい、「視力回復法」というものを知らずに、先にレーシックを受けています。

レーシックで1.2くらいまで回復したのですが、それでも目を酷使する環境にいますので、数年たつと、視力が少し下がってきました。
(自動車免許証の更新時に指摘されました)

メガネをかけるなんてことはもう絶対に嫌だったし、一度レーシックをしているので再手術にはものすごく抵抗があり、
そこで、いろいろ視力回復について調べたところ、こちらの田中謹也さんの視力回復法に出会いました。

実際にやってみての感想ですが、「子供」あるいは、私の様に「大人になってから視力が下がった人」には効果があると思います。

その根拠は?

自分でも視力回復をするにあたっていろいろ勉強してみました。

詳しくは本サイトにポイントを紹介しています。(視力回復情報まとめ

それで分かったことがいくつかあります。

■視力回復法といってもいろいろある

いろいろあるというのは「大人向けのもの」「老眼向けのもの」「子供向けのもの」など症状や実践する人ごとに色いろあるという意味です。

書店では本部千博さんや中川和宏さんの著書がたくさんありますが、それらはどちらかと言えば、「大人向け」「PCなどで仕事で目を酷使する環境にある人」向けのように思います。

■理論中心のものと実践型のものがある。

主に書店で販売されているのは理論中心のものが多いです。

「何故、目が悪くなるのか?」「このトレーニングが目にいい理由」など。

それに対して、田中さんのは実践型。

■毎日のチェックが大事。

視力回復もダイエットと同じで、毎日数字として記録をつけていくことが大事ですね。

そうすると、徐々に数字として良くなっていくのがわかります。

田中さんの視力回復法は、実戦向けで、基本的には「子供に効果のある視力回復法」(あるいは、私のように大人でも軽度の近視の人)の人に効果が期待できます。

どんな内容?

当然、具体的な中身については書けませんが、マニュアルにそって、トレーニングシートや、ブロックストリングスでトレーニングを続けていって、それを記録シートにつけていきます。

1日15分くらいです。

このように毎日記録していきます。
記録シート

対応は安心か?

きちっとメールで対応していただけます。

もともと、店舗のある会社ですしね。
田中さんの視力回復法

ただし、メールでやりとりするときに気をつけないといけないことは、メールはお互いのサーバーの相性が悪ければ届かないことがあったり、迷惑メールにいって気がつない場合があるということです。

購入時に、インフォトップという楽天やアマゾンの様なショッピングサイトに登録しますが、そちらのサイトでは会員専用のページに入れます。

そちらからの直通メールなら必ず、届きます。

返金保証もありますので、お子さんの視力回復をしたいなら、ぜひチャレンジしてみてください!

ずるずると悩まないで、今、すぐやりましょう!

田中謹也先生の子供の視力回復法
詳細はこちら

子供の視力回復 子供の近視回復情報トップ