社員旅行を福利厚生費として落とす条件

1.社員の半数以上が参加
2.四泊五日以内(海外は滞在日数)
3.一人あたり旅費が10万以下(会社負担額)

この3つの条件があれば福利厚生費として落とせます。