固定資産は使用できなくなり廃棄処分したときはその資産価値を除去損として費用計上します。

しかし、一定の条件のものでは廃棄処理しなくても損金計上できます。(有姿除去)

帳簿価格-処分見込み可能見込額⇒経費計上できる金額

有姿除去できるのは次の資産

1.その仕様を廃止し、今後は事業に使用する可能性がないと認められる資産
2.製品生産のなめの金型などで、製品の生産を将来的にする可能性がない場合

有姿除去はお金を使うことなく、かつ決算日後でも損金計上可能。