視力回復トレーナーの今野清志氏の著書に面白い記事がありましたので紹介。

今野氏は著書の中で自身のもとには眼科医も視力回復の相談に来ることを明かしています。

何故でしょうか?

日本では目のトラブルは病気も近視もすべて眼科医のところに行く場合が多いです。

しかし、アメリカでは眼科医の他に視力眼科医という視力回復専門の資格があります。

なお、日本には視能訓練士という資格もありますが、医師の指示の下でしか働けない資格になっています。

視能訓練士協会

よって独自の治療ができなくなっています。

ですから、日本では今野氏や田中氏、出口氏のような視力回復センターが視力を回復する役割を担っています。