今から31年前、1985年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分に、東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-100が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根に墜落しました。

事故に関しては未だ明らかにされていないこともあります。

日本航空123便墜落事故に関する記事まとめです。

日本航空123便墜落事故(ウィキペディア)

【閲覧注意】日航機墜落事故の衝撃画像集
当時の生々しい事故現場写真

日航機墜落事故

日航機墜落事故 東京-大阪123便新聞見出しに見る25年間の記録
なくなられた方の残された遺書などが生々しく公開されています。

生存者の証言
生存者の証言 -川上慶子さんの証言-
生存者の一人・落合由美さんの証言
生存者の証言 -吉崎博子さんの証言-

墜落直前のやりとり
墜落前の悲鳴「今も耳に」 日航機の管制官、沈黙破る