吉田選手を破った、ヘレン選手のインタビューなどヘレン選手に関する記事は日本に少ないので、海外の記事をいろいろ探して翻訳してました。

ヘレン・マロリアス

■以下翻訳
※私の拙い英語力で少し意訳しているところや、間違いがあるかもしれませんが、ご了承ください。

リオデジャネイロ – ヘレン・マロリアス選手はリオ大会でリスリングで、スポーツ史でもっとも偉大な選手の1人を倒すことでアメリカ最初の金メダリストとなりました。

ヘレン・マロリアス(24)選手は日本のオリンピックの3連覇チャンピオン吉田沙保里(33)選手を55キロ級で4-1で破り金メダルを獲得しました。

ヘレン選手は勝利の瞬間、泣き崩れ、顔を覆いました。

それからヘレン選手は星条旗に身を包み、勝利の祝福を受けました。

一方、吉田も泣き崩れていました。

ヘレン選手のインタビュー

「この瞬間を人生でずっと、夢見てきました」

ヘレン選手は2015年世界選手権で金メダルを獲得、オリンピックは初出場でした。

「私は長い間、吉田選手に憧れていました。彼女はもっともすばらしいアスリートです。彼女と戦えて光栄です。」

10代の時、ヘレン選手はメーリーランド州の家を出て、マーケット(大学?、地名かも)に行き、学校(高校?)を卒業、ノーザンミシガン大学のオリンピック教育センターでトレーニングをしました。

一年前、55キロで世界選手権で優勝。

しかし、このオリンピックの重量クラスで競争する資格を得るために減量をしなければなりませんでした。

それは過酷なものでした。(原文:岩を骨で削るような作業でした?)

ヘレン選手はオリンピックに参加できるように、53キロまで減量しようと、チョコレート、サラダドレッシングとクリスマスイブのディナーなど美味しいものすべてをあきらめました。

「私は、家族と一緒にクリスマスを祝えませんでした」と彼女は言った。

「私はオリンピックで勝つために多くのものを犠牲にしなければなりませんでした。」

————————————————–
以上

アメリカではクリスマスが如何に重要なことかを考えると、すさまじいです。

心から、おめでとう!と言いたいです。

以下、原文:http://www.usatoday.com/story/sports/olympics/rio-2016/2016/08/18/usa-helen-maroulis-wins-gold-freestyle-wrestling-53kg/88963624/

RIO DE JANEIRO — Helen Maroulis claimed the first wrestling gold for the U.S. women on Thursday in the Rio Games. And she did it by beating one of the all-time greats in the sport.

The 24-year-old won in the 53 kg weight class, defeating three-time defending Olympic champion Saori Yoshida, 33, of Japan 4-1.

Maroulis dropped to her knees and started bawling. She covered her mouth with her hand in disbelief. Then she climbed into the stands to embrace coaches and friends. Then she celebrated by running around the mat in a circle and wrapping herself in the American flag. Yoshida wept uncontrollably.

“I’ve dreamed of this my whole life,” Maroulis said. “I put it on this pedestal.”

Maroulis had previously won gold at the 2015 world championships in Las Vegas in the 55 kg division. This was her first time competing in an Olympic Games.

“I’ve been dreaming about wrestling Saori for so long,” Maroulis said. “She’s a hero. She’s the most decorated wrestler in the sport. It’s such an honor to wrestle her.”

As a teenager, Maroulis left her home in Maryland and moved to Marquette, where she finished her senior year of high school, just so she could train at the U.S. Olympic Education Center at Northern Michigan University.

A year ago, she won the world championship at 55 kilograms. But she had to drop weight to be eligible to compete at this Olympic weight class.

Which was like trying to chisel bone off a granite statue.

She gave up basically everything that tastes good – chocolate and salad dressing and Christmas Eve dinner and Christmas Day dinner, trying to lose weight, trying to get down to 53 kilograms, so that she could wrestle in the Olympic Games.

“I didn’t go celebrate (at Christmas) with extended family,” she said. “I had to sacrifice a lot of social time.”