2008年7月10日 『ペルソナ4』発売・・その4年後
2012年6月14日 『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』発売
さらにその4年後!ペルソナ5が発売!

待ちきれないので発売前情報まとめました!(・∀・)

ちなみに、今作は、ペルソナ3~4と世界観はどうやら同じらしい。

「明智吾郎」は”探偵王子の再来”とわざわざ設定されているので、おそらく探偵王子とは白鐘直斗のこと。

流石に本編では3~4の面々がでてくるとは思えませんが、いずれ外伝として、共演はあるかもですね。

ストーリー

ある事情で“東京”の高校に転入することになった主人公の少年は、奇妙な夢を見る。

自身に課せられた『更生』のため、そして、悪しき欲望から人々を救うため、怪盗となった主人公はたくさんの人々と出会い、絆を結んでゆく。
かけがえのない一年を過ごした後、あなたを待ち受けるものとは……?

今回の主人公たちの目的は?

“心の怪盗”を名乗り、大都会を騒がせる主人公たちのターゲットは傍若無人に生徒を虐げられる教師や盗作上等の クリエイターなど歪んだ欲望を抱く 「腐った大人」達。

怪盗団が駆使する謎のアプリ『イセカイナビ』。ナビが導く先は悪い奴らがその歪んだ心で見ているもう一つの現実―パレスと呼ばれる心の異世界だ。

パレスの最深部には歪んだ心の大元”オタカラ”が眠っている。
”オタカラ”を盗み出し悪い大人を改心させ、弱き人々のために盗まれた世界を取り戻せ!

パレスの中は、”オタカラ”を守る番兵のような存在”シャドウ”がひしめいている。見つからないよう”シャドウ”に近づき戦闘をしかけよう。
立ち向かう手段は武器の他に、心の力「ペルソナ」がある。
「ペルソナ能力」に目覚めた主人公たちは自身の分身でもある「ペルソナ」を呼び出し、敵を鮮やかに倒す!

※シャドウとは
パレスの主の歪んだ欲望によってゆがめられた「具現化した人間の感情」。
パレスの主の影響により主人公たちを待ち受け時に襲い掛かってくる。

行く手を阻む、個性豊かなパレス!一見道がないと思えるような場所でも「○ボタン」一つで足場や壁をよじ登ったり、シャンデリアの上を渡ったりできる。
誰でもカンタンに鮮やかな怪盗アクションを楽しめる。

キャラクター

主人公
主人公
春から上京し、都会の学校に転入した高校2年生の少年。ある事件をきっかけに、「ペルソナ」使いとして覚醒する。
両親の知人宅である場末の喫茶店を住居に、都会での学生生活を送ることになる。
一見大人しそう に見える主人公だが、彼が見せる謎の
“怪盗”姿では随分雰囲気が異なるようだ。
なぜあのような姿をしているのか?その目的や理由とは……?

基本的にペルソナシリーズに主人公はしゃべりません。
どんな、キャラクターの主人公になるかはプレイヤーの選択肢次第。
にも関わらず、「キタロー」「ハム子」「番長」などとファンから愛されるのもペルソナの魅力。
彼のアダ名はどうなるのか?
前作の偉大かつ無敵のリア充中のリア充「ハガネのシスコン番長」を超えられるか!?

坂本竜司:戦車
坂本竜司
秀尽学園高校に通う16歳の少年。
情に厚い行動派であるが、粗暴な言動が目立つなど学園内でも札付きの“問題児”として周囲から浮いた存在になっている。
竜司の素行不良には原因となった事件があるようだが……。
転校してきたばかりの主人公と出会い、ある事件をきっかけにペルソナ能力を覚醒する。

今作の相棒枠か?

高巻杏:恋愛
高巻杏
秀尽学園高校2年生。
アメリカ系クォーターの美少女。
天真爛漫で素直な性格だが、あまりに目立つ容貌などから周囲に馴染めず孤立している。
それ故に、同じ高校に通う唯一の親友をとても大切に思っている。
主人公と出会い、ある事件をきっかけにペルソナ能力を覚醒する。

ギンコ
設定、容姿ともに古いファンならいやでもペルソナ2の「ギンコ」が重なりますね

喜多川祐介:皇帝
喜多川祐介
都立洸星高校・美術コースの特待生。
人目を引く美少年だが、独特の感性ゆえに浮世離れした印象を受ける。
幼いころに母親の早逝で孤児となったが、画才を見込まれて日本画の大家・斑目の下で住み込みの
門下生として暮らしている。
斑目を師と仰ぎ、絵画に傾倒する日々を過ごしていたが、ある事件をきっかけにペルソナ能力を覚醒する。

モルガナ:魔術師
モルガナ
主人公と竜司が異世界のパレスで偶然助けだした謎の黒猫。
その後、主人公と同居し、寝食を共にすることになる。
人語を操り、幾つもの形状に変身する事ができるらしいが、その存在は多くの謎に包まれている。
憎まれ口を叩きながらも献身的に怪盗団の仲間たちを支えてくれる。口癖は「猫って言うな!」

本作のクマ枠か?
それとも中の人的に、ピカチュー枠か?
どっちでもなさそうだが、キーキャラクターであることは違いないでしょうね。

新島真:女教皇
新島真
主人公と同じ私立秀尽学園高校に通う3年。
頭脳明晰で品行方正な生徒会長。
冷静沈着で責任感が強く行動力もあるが、生真面目で妥協ができない生粋の優等生気質。
怪盗団のブレーンにして、主人公の良き相談役。
しかし、そんな彼女にも悩みがあり、それがやがてペルソナを覚醒させるきっかけとなる事件を引き起こしてしまうことに……。

なにげに生徒会長がパーティーに入るのはシリーズ初なったような気がします。
バトルはもちろん、学園イベントでのカラミが楽しみ

佐藤双葉:隠者
佐藤双葉
人間離れした計算能力と天才的なプログラミングスキルを持つが、元々コミュニケーションが極度に苦手なことに加え、ある出来事がきっかけで現在引きこもっている。
高校1年生…の年齢だが、中学卒業扱いになったきり、学校へは通っていない。
引きこもりの彼女は、一体どういうきっかけで主人公たちと出会うのだろうか?

奥村春:女帝
奥村春
私立秀尽学園高校3年。
大手外食メーカーの社長令嬢。裕福な家庭に育ち、上品で世間知らずだが、その反面で人をよく見ている。
おっとりした外見と人あしらいの上手さから、普段は良好なコミュニケーションをとれるが、生まれ育った環境から
受けた影響か、人間関係に価値を見いだせず、他者との深いかかわりを避けてきた。
そんな彼女がペルソナ能力に目覚めることになる事件とは——?

ジュスティーヌ
ジュスティーヌ
カロリーヌ
カロリーヌ
イゴールに付き従う、看守姿の双子の少女。
瓜二つの容姿だが、双方とも片目にいかめしい眼帯を帯びている。
二人はベルベットルームの看守を名乗っており、囚人である主人公には基本、険のある態度と口調で接する。
また、二人は大きく性格が異なっており、主人公の処遇をめぐって、時おり言い争いになることも。

他の力を司る者達との関係が気になるところ。定番で裏ボスになるなら、まさかのコンビでバトルか?

イゴール
イゴール
鉄格子の向こうで、常に顔を俯かせ思索を続けている奇怪な顔の老人。
主人公に『自由への更生』を課し、彼に”イセカイナビ”を与えた。
主人公が自らの力で檻から出所できるかを見届けようとしている。

おそらくはペルソナシリーズ最大の謎の人物

明智吾郎
明智吾郎
高校生でありながら、探偵の肩書をもつ少年。
その手腕は見事なもので、これまで解決に導いた事件の数は、捜査機関職員たちのそれを遥かに上回るらしい。
その容姿も相まって注目を集めており、人々からは”探偵王子の再来”と呼ばれることも。
現在、世間を騒がせている怪盗団事件に興味を持ち始めているようだ。

“探偵王子の再来”の探偵王子が白鐘直斗なら、5は3~4の未来であることが確定、(まあ、わざわざ書くのだから、そうなんでしょう。)現状、敵か味方かも不明

ペルソナシリーズの魅力はメインキャラクター以外のサブキャラたちの内面まで描かれていること。

サブキャラたちも紹介します。

佐倉惣治郎:法王
佐倉惣治郎
四軒茶屋の路地裏にある寂れた純喫茶「ルブラン」のマスター。
あまりガラのいい感じではない不良シニアで、口数も少ないが、不思議な包容力と色気を感じさせる

御船千早:運命
御船千早
新宿で占い屋をしているタロット占い師。
朗らかでかわいらしい雰囲気の女性だが、その占いは百発百中。
まさしく“本物の占い師”と噂だが、同時に”怪しげな石”を勧めてくるようで…。

岩井宗久:刑死者
岩井宗久
裏通りに店を構える
ミリタリーショップの店長。
モデルガンのカスタムに長け、怪盗団にとっては格好の武器屋。
人相が悪く、若い頃は本物のヤクザだったとの噂もある

武見妙:死神
武見妙
場末の町医者の女医。
独特の持論から医薬品をホイホイ売るので、怪盗団にとって都合のいい薬屋。
一部の者からは、患者と向き合わない闇医者などとも噂されているが……。

川上貞代:節制
川上貞代
私立秀尽学園高校の教師。
主人公やアン、三島の在籍する2-Dの担任を務めている。
日頃校内でみかける彼女はぼさぼさの髪をして終始眠そうな顔をしている。
一見して、事なかれ主義の地味な教師に見えるのだが……。

先生といえばY子を思い出さざるをえない

大宅一子:悪魔
大宅一子
二十代半ばのゴシップ記者。
売れるネタなら何でも書くので、時には情報操作まがいの記事もお手のもの。
以前は社会悪に切り込む、政治部の記者だったらしいが……。

悪魔のアルカナや上の紹介より時価ネットたなかのような話になるのか

東郷一二三:星
東郷一二三
洸星高校に通う少女。
女流棋士のリーグで優勝した実績を持つ。
その容姿から『美しすぎる棋士』として話題を集めている。
母のため、将棋界のためと、懸命に練習と取材に応える日々を送っているが……。

織田信也:塔
織田信也
秋葉原のゲームセンターに通っている小学生の少年。
あるオンラインガンシューティングで驚異的な強さを誇り、天才少年プレイヤーとして名が知れている。
怪盗団の『強さ』に憧れているようだが、その背景には何があるのだろうか。

三島由輝:月
三島由輝
私立秀尽学園高校2年の生徒で、主人公のクラスメイトの少年。
バレー部に所属しており、常に怪我や傷がたえない。
ある事件をきっかけに、主人公と距離を縮めることになるのだが……。

吉田寅之助:太陽
吉田寅之助
渋谷駅前で街頭演説をしている男。
足かけ二十年、七回連続落選中の身。
ある背景から足を停めて吉田の話を聞く人はごく少数だが、実際は演説がうまい。
国の未来に真剣に向き合っている。