子供の成長の法則を考えると、ジュニア期に目指すことは、総合力の向上です。

ボールテクニック
状況判断
持久力
コーディネーション

どれも大切だということです。

いいかえると、基礎力をしっかりとつけるということです。

たとえば。キック力が強いからとって、他のことが出来ない選手ではいい選手とはいえないのです。

両足でのボールコントロールを見につけることも大切です。

子供の考えを尊重する

子供たちは、練習の時、大人が思いつかないような発想や、練習法、等を考えます。

基本的には、子供の考えを尊重しましょう。

きまりきったことしかできない子供は成長できません。

子供の時に工夫をしたことが無い子供は大人になっても応用力や、想像力を働かせることができません。

今の時期に良い習慣をつけることは非常に大切なのです。