コーチングとは子供や選手に対し指導を行うことです。

子供との接し方にはいろいろなやり方がありますし、コーチの性格にもよりますので、どれが正解かはわかりません。

しかし、大切なことはジュニア期の育成の目的を達成すすることです。

ジュニア期の育成の目的は次の4つのポイントを向上させることです。

1.テクニックの向上

2.状況判断力の向上

3.持久力の向上

4.コーディネーション(運動能力)の向上です

そして、その為には3つのポイントを押さえて、コーチングを行って下さい

意図をもってトレーニングメニューを作ること

単に、パスをくりかえるのではなく、単にキックの練習をするのでなく、1つ1つの練習に意図を持たせましょう。

それをオーガナイズと言います。

たとえば、マーカーをつけて、そこにめがけてボールを送る

単に、ドリブルをさせるのでなく、障害物を交わしながらドリブルを行うなど。

声のかけ方、指導法を工夫する

「気合いでけれ」とか「もっとしっかりけれとか」、とかではく、「軸足をボールの真横に踏み込んでボールを狙え」と言う感じに、アドバイスは具体的かつ、的確に行いましょう。

指導者の関わり方で刺激を与える

トレーニングを進める中で、コーチが刺激を与えることも大切です。

見本を見せる、まもりをやる、メニューに変化をつけるなど

大切なことは選手である子供と一緒に指導者である大人も成長する必要があるということです。