少年サッカーの基礎トレーニング集

二人一組リフティング

1..二人一組でリフティングを行う
2.2~3回リフティングして、相手に渡す

繰り返す

使う部位を増やす

左右両足、足の甲以外にも様々な部位でリフティングを行う。

受け手が移動する

相手がリフティングをしている間、受け手が移動します。
相手にボールを返さないといけないので、自然と周りを見る習慣がつきます。

待ってる間にアクション

2~3回リフティングしている間に、相手は地面に1回は手をつかないといけないなどのルールを決めておくと、コーディネーションのの向上がはかれます。

ノーバウンドで返すのが難しければ

ボールをそのまま返すのが難しければ、ワンバウンドまではOKなどのルールを決めましょう。

適宜具体的なアドバイスを行う

コーチは様子をみながら、適宜アドバイスを行い、場合によっては手本をみせます。

リフティングのお手本動画


多人数ドリブル

1人1個ボールをもち、10人くらいでドリブルを行います。

全員でドリブルを行い、お互いがぶつからないようにフィールド内をドリブルを行う。

人にぶつからないようにドリブルする

たとえだ、フィールドで目があった人を交わすなどのルールを決めておれば、足元だけでなく、周囲を見ながらドリブルする必要があり、より効果的な練習が可能です。

フェイントをかける

相手をかわす場合にはフェイントをかけて抜くようにしましょう。

お互いの動きを見ながら行動する必要があります。

手旗信号でサインを出す

指導者が随時、左手を上げると左足でドリブル、といった具合にプレイの指示を出すことにより、選手が周りを見るトレーニングになります。

コーチは声かけをしながら、改善点を考えましょう

ドリブルのポイント

常にコントロールできる位置にボールを置き、細かくタッチします。そして、常に顔をあげてドリブルします。

ボールをコントロールしながら、次のドリブルコースを見つけることです。

ドリブルお手本動画

パスの基本

パスの基本は狙った所に正確にパスを出すことです

そのためには、ボールでなくて、ボールを受ける動き出しのタイミングを掴む必要があります。

ボールを受ける時には、次にパスを受ける方向を意識してボールを止めます。

そして、ボールを受ける前にすでに、次のパスやドリブルのことを考えます。

チームでのパス練習

10人くらいがフィールドに入り、3~4人に1個ずつボールを持たせる。

人数によって、フィールドの大きさや、ボールの数を調整します。

声での合図は禁止

声を変えあえば、当然タイミングがとりやすいですが、練習のため、声だし禁止にします。

パスを受ける側は先に動き出し、サインを決めておき、サインに合わせてパスを繰り出します。

ボール保持の時間制限を決める

例えば、ボールを所持して良い、時間は3秒までなどと制限時間を決めます。

コーチがDF役で入る

フィールド上にコーチが入り、妨害役に入ることにより、パスの駆け引きがより上手くなります

パスのポイント
パスを受けるにはボールを見るのも大切ですが、顔を上げたときに、受ける側が動くことが大切です。

しかし、大切なことは、直接大人が教えるのでなくて、子供に気付かせることです。

対面パスの練習法

対面パスの目的です

1.狙った所に正確にボールをけること
2.パス交換のスピードを上げること
3.パスをした直後にアクションを起こすことを習慣化させること

マーカーをおいてパスをする

対面パスでもやみくもにパスをしても意味がありません。

大切なことは正確にパスをすることです。

その為には直接選手にパスをするのでなく、選手の前にマーカーを置いて、そこめがけて、パスをします。

受けてもマーカーより少し下がって、マーカー地点でパスを受ます。

そしてパスをする側もパスをしたら、マーカーの後ろに下がってパスを待ちます。

受けたほうも素早く、次のアクションに動きます。

慣れてくると、マーカーを複数の場所において、素早く動きながら、パスを出しあえるようにします。、

シュートの練習法

攻め側:シュート役1人 パス枠1人
護り側:GK 1人 DF 1人

シュートする人がシュートを打ちこんだら、そのままDFにまわり、今度はDFがパスにまわり、パスををする人がシュートに回るというように、素早く交代しながら、シュートを打ちます。

そのコーチはGKやDFに支持をおくり、時にはGKにゴールをわざとあけるよう指示をおくり、選手が冷静に周りを見ているかを判断し、アドバイスを送ります。

多色コーンを使ったドリブル

コートの中に赤、青、黄色など、色分けしたコーンをランダムにおきます。

コーチから、「赤→青→黄」など、色の順を支持して、選手はその色の順にドリブルを行います。

応用編

スピードを競わせる

選手にコーンを回るスピードを競わせ、ゲーム的に楽しみます

パス枠を入れる

選手のうち、半分をパス役に回し、パスで持って、コーンを回避します。

2対2のゲーム

フィールドに、ラインやゴールを設定した上で、GKなしの2対2のゲームをします。

顔をあげて周囲を見ながらボールコントロールを行い、常にゴールを意識したチームプレイを行います。