ハリー・ポッターと呪いの子

ハリー・ポッターと呪いの子、たまたま書店で売っていたので買ってきました。

今日発売だったようです。

シリーズは、小説・映画とも見ているので一応買ってみました。

というわけで、内容はまだ数ページしか読んでないので分かりませんが、
前評判通り、これは「小説」ではなくて、舞台の脚本ですね。

中身はこんな感じ。

ハリー・ポッターと呪いの子

分かってて、買ったのですが、脚本なんで、登場人物の心理描写や登場人物たちがいる風景描写がほとんどないので、小説を読んでいる感覚とは違いますね。

ファンなら、買ってもいいかな・・といいたいところですが、まだ読んでないので、中身についてはまた今度。

あと、登場人物の名前とセリフが離れてて、ちょっと読みにくい、というか、かなり読みにくくて、目がつかれるのが気になるところ。

>>続き:読んだあとの感想はこちら

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)