下のニュースが話題ですが、これで、大阪人の私が全く知らない「大阪焼き」なるものがあると初めて知りました。( ゚д゚)

グーグルで調べると、見たことのない食べ物がいっぱい出てきました。
大阪焼き

今川焼き(大判焼き)のような、道具でお好み焼きのようなものを焼いてます。

これはこれで美味しそうですが。

たしかに、広島にいくと、「広島焼き」とは書いてないんですよね。

たしかに、生地と具を“重ねて”焼くのが「広島風」お好み焼き、生地と具を“混ぜて”焼くのが「関西風」 お好み焼きだと思ってます。

でも、とくに広島の人から見たら、関西のお好み焼きは、「関西風」お好み焼きだそうです。

参考

NHKの「広島焼き」テロップ修正に「大阪焼きもない」
働く人のランチを“主役”にしたNHKのバラエティー番組『サラメシ』が11月8日、9月20日放送分を再放送。広島カープ優勝に合わせた“まるごと広島スペシャル”回なのだが、お好み焼きの映像を「広島焼き」としたテロップが、再放送では「お好み焼き」と修正され、ネットで話題になっている。

産経ニュースによれば、9月に放送した際、NHKに広島の視聴者から「『広島焼き』というものは広島にはない」などといった抗議が複数寄せられたとのこと。「サラメシ」制作チームは、広島放送局からの意見も聞いたうえで、9月22日昼の再放送以降修正したのだという。たしかに放送時、Twitterでは、

「今日は広島県特集だったけど…。お好み焼きを『広島焼き』とテロップ出した時点でイラッときた広島人は、私以外にもいると思う」
「録画してたサラメシが広島特集だったんだけど、ひとつ言いたい。『広島風お好み焼き』はまだ許せる。が、『広島焼き』なんてものはないっ!!」
「NHKサラメシで『広島風お好み焼き』じゃなく『広島焼き』ってテロップ出しちゃったか…全広島人を敵に回してしまったな」

など、怒りをあらわにする広島人とおぼしきユーザーは多かった。

「広島焼き」のテロップが修正されていることを産経ニュースが伝えると、今度は大阪出身と思われるTwitterユーザーから、東京などで「大阪焼き」なるものが売られているという声が続出。「大阪焼き」とはお好み焼きを大判焼きの形にしたようなものらしいのだが、

「同様に大阪焼きも大阪では存在しないよ!」
「大阪には無い大阪焼きみたいなものか」
「縁日には謎の大阪焼きがあるけどな」
「前に東京のお祭りで『大阪焼き』なる謎の物体を見つけたので買って食べてみたけど、決して大阪風お好み焼きではないサムシングだった。アレは何だったのか」

といった声があがっている。

「広島焼き」から「大阪焼き」に波及した今回の騒動。名称はもとより形態も変化しているものもあるだけに、現地の人にとっては憤りを感じる表現のようだ。
(花賀 太)