三国志13 古本市場で3000円くらいだったので買ってみました。

アマゾンではあまり評価たかくなかったのですが、どうかなと思いながら買いましたが・・・

三国志13

ちなみに、三国志は悪名高い12のみ未プレイ。

11まで全部やってます。

8~11はそれなりにおもしろかったイメージ。

7以降は忘れた。

戦国シミュレーションはじっくり進めるのが好きです。

ちょっと辛めの評価かもしれませんが、たしかに微妙なでき。

いろんなシステム、一騎打ちや舌戦が過去作より面白くないというのはどういうこと・・・

システムのレビュー

内政

基本的にセミオートで進みますが、任命できる人数がものすごく少ないので、武将が増えると否応なしに余ります。

武将プレイをすると枠に入らなければ、やることがないじょうたいに・・・・

あと、プライベートでできることが少なく、つまらないので10のほうが遥かにおもしろかった。

10だと酒屋でいろんな依頼を受けたりしたのですが、それがない。

武将から依頼を受けることもあるのですが、舌戦とか一騎打ちがそもそも面白くないという仕様。

11の箱庭を作っていくのが好きな人なら絶対に合わない。

戦闘

リアルタイムに進みます。

というか、10年前の信長の野望・天下創世の操作性を悪くして、つまらなくして、グラフィックだけ上げたような感じ。

天下創世だと街を壊すのがおもしろかったり、結構野戦も拠点の奪いが肝となり、難しかったのですが、コンピューターは戦力を逐次投入してきて、かつ猛将といえど包囲されると、一気にやられるシステムなんで、各個撃破すれば簡単に倒せてしまう悲しさ。

兵士を移動できないので、今までの三国志とかなり勝手が違う。

マップ

基本的に1枚マップで進みます。

が、拡大縮小の操作性が悪く、これなら1枚ものじゃないほうがいい。

全武将プレイについて

位が低いほどやれることが少ないので、君主プレイが推奨です。

総評

今までの三国志が好きな人なら微妙かな・・・

一手一手をじっくり考えうというより、つぎは内政⇒セミオート、つぎはどこどこを攻めよう⇒セミオートみたいな感じ。

まあ、3000くらいならまあまあこんなもんかと言う感じ。