ニキビの原因の一つ、食生活についてです。

ニキビはいろいろな原因でおこります。

・ホルモンのバランス
・疲れやストレス
・食生活
なだといわれますが、一つに特定することは難しいです。

バランスよく改善する必要があります。

そこで、ニキビが出来やすい原因6つを紹介していきます。

  1. ニキビの原因~食生活~
  2. ニキビの原因~睡眠不足~
  3. ニキビの原因~便秘~
  4. ニキビの原因~ストレス~
  5. ニキビの原因~ホルモン~
  6. ニキビの原因~スキンケア~

食生活

食生活はニキビの原因の一つです。

チョコレートやお菓子、揚げ物でニキビがよくデキるという話はあります。

脂分や糖分がニキビにつながる理由があります。

糖分は身体の中で、皮脂の分泌を盛んにする「遊離脂肪酸」という物質に分解されます。

また動物性脂肪は「トリグリセリド」という皮脂のもとになります。

この2つの成分は皮脂を分泌を促進します。

これらを控えることで、ニキビは抑えることができます。

しかし、完全にやめることはできませんし、個人差もあります。

それに食生活だけがニキビが原因ではありません。

毛穴が閉じなければ皮脂は多くてもニキビにはなりません。

ニキビができやすいのは生理前やホルモンバランスが崩れやすい睡眠不足の日

上のような日は、糖分・油分は控えたほうがいいでしょう。

ニキビをおさえ、美肌をつくるには、ホルモンバランスがよい食事をすることです。

これを食べれば、ニキビが収まる、これをやめればニキビがなくなるなど、ニキビのことだけ考えるのではなく、総合的に美肌を考える必要があります。

美肌を作るにはビタミンを意識する

美肌を早く作るのに重要なことは身体に溜めにくい、ビタミンを意識することです。

ビタミンは皮脂の分泌を抑制し、コラーゲンの作成を助け、お肌の抵抗力もアップさせます。

食事だけでなく、美容液などのスキンケア商品でお肌に直接取り込むことも効果的です。

女性先生

★まとめ
生理前、寝不足などの疲れている時は糖分や脂っこい食事は控えましょう。
ビタミンを意識した食事をしましょう。

ニキビ肌のスキンケアまとめトップ