さて選挙前に様々な政党が「公約」を発表する中、希望の党がとんでもない公約を発表し話題を呼んでおります。なんと「ベーシックインカム」を導入するというのです。ベーシックインカムとは生活に必要な最低限の金額を国民に支給するという制度です。以前から実現性に向けて様々な議論がされてきましたが、実際に政党が公約として掲げるの初めてです。

ベーシックインカムとは政府が国民に対し最低限の生活を送るのに必要な額を支給するというものです。年金とは違い、すべての国民に一定額が支給されるわけで、これが仮に10万円だとすれば、10万円分とりあえず収益は確実に見込めるわけです。夢のような制度ではありますが、これを行うにあたり具体的には以下のような問題が指摘されております。
・財源の確保が出来ないのではないか
・働かなくなる人が出るのではないか
そんな中、希望の党が「ベーシックインカム」を公約に掲げているということは当然、上記問題は解決した上で、掲げるというのが筋ではありますが、ただの「話題作り」なのか現実的な理由があるのかは興味深い話です。

この公約はもはや「総選挙」云々の次元ではなく、日本を覆しかねないとんでもない公約です。

ー西村博之氏も期待
希望の党の公約原案で、「ベーシックインカムの導入」が検討されています。
大型政党の公約に入れば、実現可能性はだいぶ高まりますね。