いろいろな議論があるでしょうし、この問題を語るには、問題の一部を切り取って語ってはいけないでしょうが、それでも・・・