レーシック難民にならないために、レーシック施術前に気をつけることについてです。

ライフスタイルに合わせて必要な視力をつくる。

視力は高ければ高いほどいいわけではありません。

デスクワークが多い人⇒長時間近くをみるので、1.0もあれば十分。

スポーツ選手や長距離の運転手⇒遠くをはっきり見たい

など、必要な視力はライフスタイルによってそれぞれです。

その上で、どのような矯正を行うかをドクターと話しあえば、過矯正になることはありません。

レーシックの成功とは高い視力を出すことではなく、ライフスタイルに合った視力を出すことです。

自分の利き目を知る

手足と同じように、目にも利き目があります。

普段は違和感を感じませんが、利き目は少し遠方でピントがあい、利き目でないほうは僅かに近くでピントがあっています。

しかし、これを無視して施術をおこない、利き目の逆転減少が起きてしまうと、心身に悪い影響がでることがあります。

利き目は本来メガネやコンタクトでの矯正でも考える必要があります。

軽度の近視や、急に視力が下がったなと思ったら、レーシックではなく視力回復トレーニングをしてみる。

子供のころからずっと近視であった、重度の近視の人はなかなか効果がでるのに時間がかかりますが、
例えば、仕事を初めてからなど大人になって視力が下がった人は、まずはレーシックをうけずに、あるいはメガネやコンテストを選ばずに、視力回復のトレーニングをしてください。
本来は子供のほうが効果が高いですが、大人でも高い効果がでます。

関連記事:子供の視力回復をする方法

関連記事:レーシック難民について

レーシックに関するトップページはこちら:レーシックに関する情報、HOW TO