ボックスフラワー

女性1

母の日のプレゼントにカーネーションは定番ですが、
ボックスフラワーで送ってみてはどうでしょうか?

作り方も紹介します。

ボックスフラワーとは

生花を鉢ではなくて、箱に入れて生けるフラワーアレンジメントです。

プレゼントを贈られた側は蓋をあけて、びっくりです。

価格的には5000円程度から。

ボックスフラワーは自作することも可能です。

ボックスフラワーは一応、自分で作ることも可能です。

フラワーアレンジメントですから、センスが問われますが、100均ショップで材料を買い揃えることも可能。

お金のない人はチャレンジしてみましょう。

ボックスフラワーの作り方

用意するもの

・BOX
プレゼント用におしゃれなものを用意しましょう。

BOX

・オアシス吸水性スポンジ
生花用の吸水性のスポンジです。100円ショップなどでも売っています。

オアシス

・アルミホイルまたはセロファン
水分が箱にもれなように、オアシスの周りを包みます。

・カップ・サラダボウル
カップ焼きそばの入れ物でも代用できますが、プレゼントようですので、
キレイなものをしましょう。(´・ω・`;)

1.ボウルにオアシスをセットします。

ボウル
https://www.youtube.com/watch?v=kqxTpQoCeVA

※セロファンで包んでおいたほうがいいです。

2.花を刺していきます。

花を刺していきます。

花を刺していきます。
完成図

花を刺していきます。

3.箱詰め

オアシス(フローラル フォーム)の使い方

このように切って使います。

フローラル フォーム

そして、たっぷりの水につけます。

フローラル フォーム

手でおしつけるのではなく、5~10分水が浸透するのをまちましょう。

フローラル フォーム

吸水後はこうなります。

 

あとは、お花を刺していきます。

フローラル フォーム

関連商品

ギフトボックス

参考・引用動画

まとめ

女性1

母の日のプレゼントにカーネーションのボックスフラワーはおすすめです。

自分でも作れますが、ちょっと手間がかかりますがチャレンジしてみましょう!