ビタミンC誘導体とは「L-アスコルビン酸」という物質です。

コラーゲン生成、ニキビによる色素沈殿除去、美白、皮脂分泌抑制など皮膚を正常な状態にする成分が多く含まれています。

だから、ニキビ予防にもニキビ治療にも角質除去成分と合わせて使ってください。

なお、成分表には「アスコルビン酸***」「リン酸アスコルビン***」という風に表示されることが多いです。(例:アスコルビン酸ナトリウム)

アスコルビンで始まる成分がビタミンC誘導体であることを覚えておきましょう。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体には2つの種類があります。

水溶性ビタミンCと脂溶性ビタミンCです。

水溶性ビタミンC

特徴:水に溶けます。
化粧水、美容液に含まれます。

<メリット>
即効性があり、皮膚につけて半日ほどでビタミンCに変わります。
イオン導入器を用いるとより浸透します。

<デメリット>
乾燥しやすく、敏感肌、アトピー性皮膚炎、乾燥肌の人には刺激が強いこともあります。

脂溶性ビタミンC

特徴:油に溶けます。
クリーム、乳液に含まれます。

<メリット>
持続性があり、ゆっくり浸透します。
敏感肌、アトピー性皮膚炎、乾燥肌の人への刺激も少ないです。
保湿性が高く、安定性が高いです。

<デメリット>
イオン導入器では浸透しません。
単独で使うと毛穴がつまり、ニキビの元になることもある。

まとめ

女性先生

それぞれにメリット、デメリットがありますが、美白化粧品のほとんどにはこの2つが入っています。
水溶性のビタミンC誘導体はお肌への刺激が強いので、毎日つかいすぎると返ってお肌のトラブルになる可能性があります。
しかもローラーも毎日やりすぎると、メラニンが活性化されてシミ・くすみのもとになります。
3日に1回位にしましょう。

ニキビ肌のスキンケアまとめトップ