目と脳は密接な関係にあります。

視覚をトレーニングすると、脳も活性化され、集中力も活性化されると言われています。

目には様々な機能があります、空間認識力、動体視力、ピント調節機能、両目のバランス、瞬間視力、周辺視野、コンストラスト(対照)感度など視力を高めるといろいろな成果を出すことができます。

スポーツや勉強にも同じです。

視機能と集中力には密接な関係があると御言われています。

・目が悪いと脳も働きません。
・視覚をトレーニングすると、脳を活性化させ集中力を高めます。
・脳に描いたイメージが行動力や結果に影響します。

頑張っても成果がでない、勉強の成績があがらない、それは眼のせいかも?

・大人であれば、仕事のパフォーマンスがあがらない、アイデアがでない
・子供であれば机に向かっているわりに成績があがらない。

これらが心配な人は視力回復を試してみてください。

3D画像で立体画像を見てみよう

動画を一時停止して立体画像を見てみましょう。

3D画像で何がわかるか?

3D画像ではきちんと両目でものを見ているかどうかがわかります。

両目で見たものを脳でまとめる力を融像力といいますが、左右のバランスが悪いと認識力がおちます。

融像力が弱いと、理解力や判断力に悪影響を及ぼします。

スマホや携帯ゲームを長時間していると、片目だけを酷使する癖が知らず知らずのうちにつきます。

そうすると左右の視力差がある不同視になります。

左右のバランスが悪くなるとピントを合わせにくくなり、見たつもりでも見ていない状態となり、仕事や勉強の集中力が衰えます。

3D画像は一時期はやりましたが、左右の目のバランスを整えるトレーニングになります。

立体視ができないひとは視力回復トレーニングをしてみましょう。

瞬間視トレーニング

瞬間視のトレーニングでは瞬間視力の能力がわかります。

瞬間視力は過去の記憶を引き出す力、そしてその力をハイスピードでまとめる力を含みます。

しかし、目の力が衰えると、脳に情報がインプットしにくくなり、自在に記憶を引っ張り出せなくなります。

つまり記憶力や集中力が衰えます。

一文字覚えるのではなく、映像として記憶することです。

記憶とはイメージの残像を脳にのこすことです。

視力が衰えるとこの力も衰え、学校の成績などにも悪影響を及ぼします。

周辺視野トレーニング

情報を覚える上で、重要な事が視野の広さです。

一点のみを見続けていると視野は狭まっていきます、

視野がひろがると一度にたくさんの情報を覚えることが可能です。

考える事、覚えること、記憶することは見ることからはじまる

上の動画テストでは目と頭の機能をトレーニングすることができます。

目の良し悪しは、学校の成績や仕事効率にも影響を与えます。

特に子供は注意です。

視力回復トレーニングを行うと、学校の成績や仕事にも良い影響を与えます。

※視力回復法 参考文献