ジャッジアイズの感想・レビューです。

まずは、一周目ノーマルでクリア。

クリア時間はおよそ30時間。

サブストーリーはあんまりやってません。

総評:★★★☆☆

嫌でも龍が如くと重ねてしまいます。

どっちかというと、龍が如くを未プレイのほうが先入観なく楽しめるかも。

メインストーリー:★★★★★

ストーリーは龍が如く0チームというだけのことはあって、
龍が如く0に劣らないおもしろさ。

やめ時を見失うほど、引き込まれていきます。

舞台は龍が如くと同じく神室町ですが、基本的に別物。

シリーズのおなじみのキャラは店員など、モブキャラを除けば一切です。

アクション・バトル:★★★☆☆

正直、バトルが微妙。ちょっとストレスになります。

微妙点1:敵が硬い
基本的にザコ・ボスともにかなり硬い。(ノーマルですが)

微妙点2:敵の攻撃がつよい
特に中ボスクラスがかなり強力。一瞬で体力バーの半分くらいは持っていかれます。

微妙点3:無駄な動きでスキが多い主人公
攻撃中にちょくちょくカンフーの構えのような動きが入るのですが、
攻撃完了後に入るので、かなりスキだらけ。
おまけに本作の敵は結構、攻撃的なので、ボコボコにされます。

微妙点4:敵が硬いので爽快感が少ない
敵が硬くコンボを結構決めても倒れないので、爽快感よわめ。

微妙点5:カチコミのときにチョクチョクはいるピッキング。
龍が如くでもおなじみ、敵のアジトに乗り込むシーン。
桐生ちゃんなら「オラー!」と各ドアを蹴破るのですが、本作はピッキング。
テンポが正直悪い。

微妙点6:主人公のコンボが複雑。
本作の主人公、龍が如くでいうと秋山に近い動きをするのですが、コンボが結構難しい。
そもそも、龍が如く6と同じように、自転車、看板がつよいので、コンボするより、そのへんの凶器をブンブン振り回したほうが強力。
また、本作のみどころであるはずの、壁をつかった三角跳びのキックがかなり使いにくい。

微妙点7:スキル取得の条件が厳しい
本作では修行ではなく、神室町のどこかにあるアイテムや、秘密のポスターを見つけることで取得します。
しかし、これが、近くにいくとアラームがなるスキルはあるものの基本ノーヒント。
初見では見つけることが困難。

サブストーリー:★★☆☆☆

龍が如くと比べるとバカバカしさが控えめ。

あと、メインストーリーにもあるのですが、探偵パートの尾行・チェイスがかなりストレス。

挙動不審なほどチラチラ後ろをみる尾行相手を追いかけます。

アクションを楽しみたい私にとっては結構ストレス。

それをしたくないのもあってサブストーリーのテンポがいまいち。

スキルをとればストレスになるなどしてほしかった。

総評
龍が如くシリーズを全シリーズしておる私としては、別のゲームと思っていてもどうしても比べてしまいます。

ストーリーはかなり良いです。

キムタクの演技も決して悪くはないです。

ただし、アクション面がストレスがチョクチョクたまります。

dlcがまだ未開放なので、解放後は再評価するかもしれません。